いわい接骨院・鍼灸院 ご予約

どこに行っても治らない腰の痛み|腰痛に関するウソ?ホント!

治らないと あきらめていた 腰痛が改善した!
腰痛を訴える女性

こちらのホームページをご覧になっている方は、次のような腰痛のお悩みやご不満をお持ちなのではないでしょうか。

  • 医療機関を受診しても湿布や痛み止めを渡されるだけ
  • 手術をしないと腰痛は治らないと言われた
  • ブロック注射をしても、そのときしか効果がない
  • 痛み止めに頼らずに腰痛を改善したい
  • もう腰痛は治らないものとあきらめてしまった
腰痛で悩む女性

このような腰痛のお悩み、ご不満をお持ちの方はたくさんいらっしゃることと思います。

ですが、これまで腰痛が治らなかったのはあなたの責任ではありません。
腰痛を治すための適切な施術が受けられなかったからです。

腰痛に対する一般的な治療法

腰の痛みの手術をすすめる医者

腰痛を訴えて医療機関を受診すると、「腰の骨の間隔が狭い」とか「ヘルニアが出ている」または、「ハッキリとした原因が分からない」とか言われる方が多くいらっしゃいます。

そのような腰痛に対しては、湿布や痛み止め、ブロック注射、電気療法などがおこなわれます。また、痛みが強いときにはコルセットを巻くこともあります。

それでも効果が出ないとなると、手術を検討するようになります。

ですが、手術をしたとしても、腰痛を再発される方は少なくありません。

腰の痛みが治らない原因とは?

腰のレントゲンやMRI検査

腰痛を改善するためには、本質的な痛みや悩みの原因を突き止めることが絶対条件となります。
ですが、そのような診断は、一般的な医療機関や接骨院・整骨院などではおこなわれていないのが現状です。

つまり、腰痛が治らないのは、腰痛の根本原因を見落としているからと言えます。
実は、痛みの原因はレントゲン検査やMRI検査で判断できないものが少なくありません。

痛みの原因が分からないから、症状に対して適切かつ効果的なアプローチができず、結果として湿布や痛み止めといった対症療法に頼ってしまうわけです。

腰の痛みに関するウソ!ホント?

腰痛を訴えて医療機関を受診した場合、次のような説明を受けることがあります。
ですが、その中には腰痛と関係のないものも少なくありません。

ヘルニアが神経を圧迫している

腰痛・ヘルニアイメージ

腰痛をお持ちの方の中には、椎間板ヘルニアと診断された方も多いのではないでしょうか。ヘルニアを発症すると、椎間板から髄核が飛び出し、それが神経を圧迫することで痛みやしびれを生じると説明されます。

ですが、ヘルニア=痛みではありません。実は、腰痛をお持ちでない方の中にも、ヘルニアが出ている方は少なくありません。

また、仮にヘルニアが神経圧迫を起こしているのであれば、四六時中症状が出ているはずです。では、症状が落ち着いているときは、ヘルニアが引っ込んでいるのでしょうか。

常識で考えてそのようなことはあり得ませんよね。実際、腰痛全体に占めるヘルニアの割合は、たったの5%程度に過ぎませんし、手術が必要なヘルニアとなるとさらに少数例です。

坐骨神経痛

腰痛・坐骨神経痛

腰痛や足のしびれを訴えて医療機関を受診すると、「坐骨神経痛ですね」と言われることがあります。実は、坐骨神経痛は病名でも病気でもありません。

単に坐骨神経沿いに痛みやしびれが出ているという「現象」を説明しているに過ぎません。言い方はよくありませんが、坐骨神経痛と言われた場合、何も診断されていないのと大差ありません。

なぜ坐骨神経痛の原因が分からないかというと、レントゲンやMRI検査では骨や神経しか見ていないからです。症状があるのに原因が分からないと、坐骨神経痛という言葉が便利に使われているのです。

体重のせいで腰痛が出ている

体重のせいで腰痛が出ている

腰痛があると、体重のせいにされることも少なくありません。確かに、1ヶ月に10㎏太るなどした場合、腰への負担を増すことはあるでしょう。

ですが、もともと体格の良い方が腰痛を発症した場合、体重に原因を求めることは無理があります。腰痛発症の前後で体重がそれほど変わっていないのであれば、別のところに原因を求めるべきでしょう。

筋力が弱いから腰痛になる

腰の痛み予防のために筋トレ

腰痛に関してよく言われることの1つが、筋力が弱いから腰痛になるということです。では、筋力が強いアスリートには腰痛がないのでしょうか。

答えはノーですよね。腹筋がバキバキに割れているアスリートの中にも、腰痛に悩まされている方は少なくありません。

本当の腰痛の原因とは?

いわい接骨院・鍼灸院では多くの臨床例から、腰痛の本当の原因が3つあることを見つけました。
その3つとは「不良姿勢」「正しく姿勢を維持するための体幹の筋力」「柔軟性の低下」です。
これには痛みのメカニズムが関係しています。

腰痛のメカニズム

  • インナーマッスルの筋力低下
    運動不足や普段の体の動かし方などの変化など様々な要因で体を支えるインナーマッスル(体幹の筋肉)が落ちる

    運動不足などが重なると、体幹(全身から手足を除いた部分)のインナーマッスルの筋力が低下します。

  • 骨盤の後傾
    筋力不足により、正しい姿勢を維持することができなくなり骨盤が歪んでしまう(後傾する)

    体幹を支えるインナーマッスルの筋力が低下すると、上半身を支えるために、骨盤を後傾(後ろに倒すこと)するようになります。

  • 不良姿勢の誘発
    さらに不良姿勢(猫背)になる

    骨盤が後傾すると、背中が丸くなった猫背の状態を誘発します。猫背になると不調だけでなく、スタイルの悪化を招く結果にもつながります。

  • アウターマッスルの過緊張
    筋力不足と不良姿勢により、体に負担のかかるアウターマッスル(体の外側にある大きな筋肉)を使うようになる

    インナーマッスルの筋力低下と、不良姿勢が重なることで、アウターマッスル(身体の表面にある大きな筋肉)に大きな負担が掛かります。

  • 筋線維の損傷
    柔軟性が低下して、体を正しく使えなくなる事により筋肉が硬くなり、体の限界を超えて痛みを感じるようになる

    アウターマッスルへの負担が重なると、ふとした動作にともなってアウターマッスルの筋繊維が損傷され、結果とした痛みを発することになります。

腰痛にはこのようなメカニズムがあるため、腰痛の3つの原因である「不良姿勢」「正しく姿勢を維持するための体幹の筋力低下」「柔軟性の低下」を並行して改善する必要があるのです。

これまで腰痛が治らなかったのは、患部だけの施術や全身のマッサージなどが、あなたに合っていなかったのかもしれません。

  • お風呂などで暖まると楽になる
  • 日によって症状の出方が違う
  • 気によって痛みが左右される
  • 特定の動きだけがつらい

このような症状に関しては、いわい接骨院・鍼灸院の施術によって改善することが期待できます。

新高円寺いわい接骨院・鍼灸院の施術について

いわい接骨院・鍼灸院 問診風景

いわい接骨院・鍼灸院では問診とコミュニケーションを大切にして、関節の可動域や姿勢分析、柔軟性の有無などの各種検査をおこない、「痛みの根本的な原因」を特定していきます。

あなたのお身体の状態を的確に把握したうえで、過去の施術経験をプラスし、さまざまな施術を組み合わせた「完全オーダーメイド」の施術を提案していきます。

  • 杉並区初導入!特殊電気「立体動体波」
    ES-8000

    これまで杉並区では導入されていない、伊藤超短波の最新医療機器であるES-8000を利用して、立体動態波と言う特殊な電気をお身体に流します。

    立体動態波によって神経(深部)にアプローチすると、痛みを緩和するだけでなく、損傷部位の治癒を促進し、自然治癒力を高めることが期待できます。

    また、立体動態波を筋肉に流すことで、不良姿勢の原因となる筋緊張を解消し、正しい姿勢をキープすることが可能となります。不良姿勢が改善されれば、肩こりや頭痛といった症状の改善も期待できます。

  • 骨盤矯正・骨格矯正
    いわい接骨院・鋮灸院 施術風景

    正しい姿勢を維持するには、頭蓋骨や頸椎(首の骨)、胸椎(背骨)、腰椎(腰の骨)、骨盤のバランスを整えることがとても重要です。いわい接骨院・鍼灸院の骨盤矯正と骨格矯正にはカイロベッドを使います。

    カイロや矯正と聞くと、「バキバキして怖い、痛い」というイメージがあるかもしれません。自分自身も過去にカイロの施術を受けて、痛い思いや怖い経験をした経験があります。

    その経験があるので、最小限度の力で、最大限の矯正効果を発揮するカイロベッドを導入し、ゆがんだ骨格を的確に矯正し、正しい姿勢に導いていきます。

    ボキボキしない、痛くないソフトな施術なので、お子さんから年配の方まで安心して施術を受けられます。

  • グアシャ(カッサ)
    グアシャ(カッサ)

    グアシャ(カッサ)は、海外でも使用されている、ステンレスで作られた筋膜リリースのツールです。みなさんも、筋膜リリースという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

    実は、フィットネスボール(バランスボール)やストレッチポールでは、本当の意味での筋膜リリースはできません。いわい接骨院・鍼灸院では医学的根拠のある、最新の理論を用いた本物の筋膜リリースをおこなっています。

    筋膜リリースによって筋膜の柔軟性を取り戻すと、痛みの根本的な原因を取り除くことにつながります。それによって、症状を根本的に改善することが期待できます。

  • アキュートストレッチ
    アキュートストレッチ

    正しい姿勢を維持するためには、筋肉や関節の柔軟性も求められます。柔軟性と言うと、ストレッチをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

    いわい接骨院・鍼灸院では一般的なストレッチとは異なり、国家資格を持っている院長自らが、柔軟性が低下している筋肉に対して的確にアプローチしていきます。

    きっと今までに受けたことのないストレッチ効果を実感して頂けることでしょう。アキュートストレッチで筋肉や関節の柔軟性を高めれば、戻りの少ない正しい姿勢を維持できるようになります。

    以上が、いわい接骨院・鍼灸院でおこなっている主な施術ですが、腰痛の施術でここまでアプローチしている院はないと思っています。なぜなら、ここまでしなければ腰痛の根本的な改善は難しいからです。

腰痛が治らないとお悩みの方は、新高円寺のいわい接骨院・鍼灸院へ!

いわい接骨院・鍼灸院では、次のようなお悩みをお持ちの多くの方が、施術を受けに来られています。

  • コルセットをしなければ痛くて動けない
  • 痛みのせいで仕事にともなう動作に支障が出ている
  • 何ヶ月も痛み止めや注射をしたが改善が見られない
  • 病院や接骨院、整骨院、整体などに通院しても症状が改善しなかった
  • 腰痛の再発を繰り返している
  • 腰痛を治したいけどどこに行けばよいのか分からない

いわい接骨院・鍼灸院では腰痛の根本的な原因を特定し、一人ひとりに合った施術を提供しています。それによって、「治らないとあきらめていた腰痛が改善した」「腰痛発症前よりも調子がよくなった」という嬉しい声を頂いています。

腰痛のお悩みがなくなれば、快適な日常生活を取り戻すことにつながります。腰痛にお悩みの方、治らないとあきらめている方は、ぜひ一度、いわい接骨院・鍼灸院までご相談ください。

いわい接骨院・鍼灸院 施術風景

09 月末日までの期間限定

LINE・ネット・電話予約限定

初回お試しキャンペーン7700円が

3,980

※初回ご来店時のみ有効です
※ご予約時にお申し付けください
※他サービスとの併用はできません

接骨院・鍼灸院の店舗情報

店舗名

新高円寺駅前いわい接骨院・鍼灸院

代表

岩井 雄仁

住所

〒 166-0003
東京都 杉並区高円寺南3-3-2 CARILLON DE MARINE1階

TEL

03-6883-8960

アクセス

①新高円寺駅から青梅街道沿い南阿佐ヶ谷方面に徒歩2分
②高円寺駅南口よりPal商店街、ルック商店街を抜けて徒歩12分

診療時間

火曜・祝日休診 平日午前10時〜13時、午後15時〜20時
土日午前10時〜15時のみ(お昼休みなし)

営業時間について

時間
10:00〜 13:00 - - -
15:00〜 20:00 - - -
10:00〜 15:00 - - - - -

アクセスマップ